" />

乳房ケア 母乳育児支援

赤ちゃんが生まれたら、おっぱいで育てたいと思っているママさんがほとんどですが、おっぱいを
飲んだ後でも赤ちゃんがよく泣く時がありご心配をされるママさんもいらっしゃいます。    
おっぱいが足りないのではないかと不安になられるのも事実です。 そのような時にはぜひ、
母乳相談・乳房ケアをご利用下さい。 当方で丁寧にケアをさせていただきます。
もちろん、乳腺炎などのおっぱいトラブルの方のケアも承っています。
断乳、卒乳等でおっぱいトラブルの方のご相談・ケアも承っています。  

熱があったり、おっぱいが赤くなって炎症を起こしている場合は
 医師の受診後のケアとなります。

おっぱいの分泌、トラブルの状態等によっては、ケアに要する日数が
 1回で終わらない場合も ありますので、ご了承下さい。  
乳房ケア 写真


【おっぱいマッサージ】

痛くないおっぱいマッサージで母乳分泌を促します。

・うつ乳とは…乳汁の出る管の一部が詰まってしまって、その為に乳房の中におっぱいが溜まっている状態。
・乳腺炎とは…うつ乳でおっぱいがたまったところに細菌が入って炎症を起こしている状態。   

* うつ乳や乳腺炎は、おっぱいがたまって乳房が張って痛いです。

 【 対処方法など 】 
・とにかくお子様に吸ってもらうのが一番です。

・しっかり吸ってもらう! 決して痛い部分をもみほぐそうとしないで下さい。
 ますます炎症がひどくなります。

・冷湿布をして、しこりがとれなかったり、痛みが強い場合は早めに助産所か病院へ。

・熱があったり、おっぱいが赤くなっていたら病院で診てもらって下さい。
(点滴、お薬が必要な場合は授乳中でもOKな処方をしてもらえると思います)  
 

  飲ませていても、いつもと味がちがうと お子様が飲んでくれなくなったりします。    
 ママが疲れていたり、ストレスがあったり、寝不足だったり、 おっぱいの詰まる食べ物を食べたり・・・  
 いろいろな原因でおっぱいが詰まってしまいます。  
 

  おっぱいが痛いのにそのうち治ると我慢されていたりすると、更に悪化するケースが非常に多いです。  
 朝に「おかしいな?」と思ったら、まだラッキーです。
 直ぐ、お産された病院か助産所にご連絡をしてください。    
 時間が経つにつれ、どんどん詰まってくる場合があります。  
 その分、何日か余分(数日)におっぱいケアに通っていただかないと いけなくなります。  
 

 「寝かせる時間だから・・・ その日は行けないし、明日も用事が・・・」などおっしゃられる方も
 おみえですが、お子様に美味しいおっぱいを飲んでもらうために、 ケアの予約が取れたなら、  
 できるだけ急いで診てもらって下さい。    
 また、乳腺炎などのトラブルは悩まず、「おかしいな?」と思ったらすぐ連絡を!    

 【 料 金 】 (予告なく改訂される場合がありますのでご了承ください。)         

 ※ 料金は日本助産師会の「助産師業務料金参考表」を基準にしています。
  
  (おっぱいマッサージは30分前後、 各種指導は20分前後、所要時間は60分以内の予定です。
   おっぱいの状態等により、マッサージ等の時間が延長することがあります。)
      
  1回  5,000円以上60分以上要した場合、 追加料金10分1,000円
          (訪問出張は+2,000円以上遠方の方は交通費別途
  
   [ 断乳・卒乳後のケアの場合 ]
  1回  6,000円以上60分以上要した場合、 追加料金10分1,000円
          (訪問出張は+2,000円以上遠方の方は交通費別途)     
      

 ★おっぱいマッサージ(60分)+背面ケア(30分) 
 
 乳房ケア 写真   乳房ケア ホットストーン 
   おっぱいマッサージの料金+3,000円 
 
  おっぱいマッサージに背面のケアを取り入れることで 
  母乳分泌に、さらなる効果が期待できます! 
  HOTストーンを使用して十分に背中を温めてから熟練の技術でケアしますので、 
  おっぱいの方も背中も楽になります。 
  (※おっぱいマッサージにプラスして頂くことでお得な価格設定になっています。) 
 
 ★ おっぱいマッサージは1対1の施術です。キャンセルや時間変更などお早めにご連絡下さい!  
 (ご予約時間の5分前にはお越しください。遅れられた場合は施術時間がその分短くなります。
   30分以上遅刻された場合は、当日キャンセル扱いとさせていただくことがあります。)  

 ★ ご予約時間を出来るだけ守って下さい。     
 ※ 当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料 100%発生いたしますので、
   ご注意をお願い致します。


【 沐 浴 】(随時、承っています。)

 1回  5,000円以上訪問出張は+2,000円以上、遠方の方は交通費別途


【 母乳・育児相談 】(よくある質問、原因と対処法)

 Q1. お産が終わったらすぐ母乳はたくさん出るのですか?
 A1.すぐにはたくさん出ませんが、赤ちゃんが吸うことによりホルモンが分泌され、
   母乳が出るようになります。

 Q2. 赤ちゃんが母乳はあまり飲まないけど、ミルクは上手に飲めます。今後ミルクに
   変えてもいいですか?

 A2. 赤ちゃんは哺乳瓶で飲む方が楽なので、ミルクを好む傾向があります。少しでも母乳が
   出るようなら、母乳をあげて下さい。 母乳の量が少なければ、ミルクの補充も考えましょう。

 Q3. お乳が張って痛くなりましたが、どうすればいいですか?
 A3. まずお乳を搾乳(搾り出す)したり、赤ちゃんに吸ってもらったりするとお乳が柔らかく
   なってきます。 それでも改善がなければ、出産した所で相談したり、または助産師による
   乳房マッサージを受けてください。 尚、当アントラクトでも承っております。

 Q4. 赤ちゃんが泣き止まないのですが、どうすればいいですか?
 A4. 一般的な原因(空腹・げっぷ・排便・排尿・抱っこしてほしい・暑さ・寒さ・蒸し暑さなど)を
  チェックしましょう。 それでもだめなら、何らかの疾病があるのかもしれません。

 Q5. 一歳になり離乳食も十分摂れるので、断乳した方がいいですか?
 A5. 最近では無理に断乳をしなくてもいいと言われてます。母乳を吸う楽しみは赤ちゃんが要求すれば
   二歳が近づいても 与えて下さい。無理にやめようとせずに、夜ぐらいは少しだけ飲ませましょう。
   まだ甘えたい時期であり、やがておっぱいから離れなければならない予感を感じながら、
   ママに触れています。 できれば昼間の生活の中で、おっぱいに代わる楽しみを与えて下さい。
  (次の子を妊娠した時は乳頭を吸わせるとおなかが痛かったり、張りを感じたり、出血したりする場合や、
   早産したことがある方は愛情をかけて乳離れするようにして下さい。 また、主治医や担当の助産師にも
   ご相談ください。)






このページのトップへ